Le Coste Litrozzo Bianco(2018)レ・コステ リトロッツォ・ビアンコ

Comment

造り手:レ・コステ 
産地:イタリア、ラツィオ州 
品種:ブロカーニコ50%、マルヴァジーア・ディ・カンディア、マルヴァジーア・トスカーナ他

白/辛口/爽やか
1000ml

リトロッツォ、2018年ヴィンテージが入荷しました!
ラベルのイメージそのままに、「飲み心地を追求した」1リットルボトル。
人気ワインのため、お一人様2本限りとさせていただきます。

(以下、輸入元様の資料より抜粋)

例年より少し遅れてのリリースとなりましたリトロッツォ 。今年も嬉しい事にロゼがあります!
2018年は非常に悪い、、、 だけどその割にはいい収穫ができたヴィンテージだと話しているジャンマルコ。
5月に降った大雨、そしてそこから 9月までの猛暑、そして収穫前にも大雨が、、。その中で最も被害を被ったのがアレアーティコ。果皮の成熟が十分にできないものが多かったこともあり、結果的にリトロッツォ ロザートを造ることになったのだそうです。
全体を通していつも以上にみずみずしい、たまらない口当たりと飲み心地、ロザートの香りの良さと甘やかさ、心地よさは今年も素晴らしいです。
そして昨年とは正反対の冷涼で繊細なロッソ、きれいな酸の乗った軽やかさは今までにない味わいとの驚異的な飲み心地。
ビアンコは気候もあって非常に軽やかですが、 味わいについてはいつも通り 、、汗。いろんな意味で期待を裏切りません(笑)。
毎年どんな天候であっても、毎年違う切り口で造り上げるジャンマルコのセンスを感じる、今年もリトロッツォの季節がやってきました。
正直なところ到着したばかりで、まだ落ち着いていない印象です。しかしこの暑い夏、よく冷やして飲んでいただくには堪らない味わいだと思います!

<レ・コステ>

2004年、ジャンマルコ アントヌツィはラツィオ北部のボルセーナ湖半にてブドウ樹の栽培、ワイン醸造を開始。彼の考え方は非常にシンプル、かつ合理的。自分の造りたいワイン、そこに到達するために何が必要なのか?多くの素晴らしい造り手のもとで働き、知識・経験を、、、。祖父の持っていたグラードリのぶどう畑を起点にLe Costeの畑を、、、。フランコ ピエーデ(台木を使わずに自根にて)から薬品など一切を排除した栽培を、、、。知識や技術に傾倒しない、感性に任せた醸造(本人は認めませんが)を、、、。知識・経験・畑・栽培・醸造、そしてそこに「どんなものを造りたいか?」という彼の考える「到達点」。そしてそこに辿り着くために必要な手段。結果、いつも挑戦につながる、いわば全く妥協のない彼の信念。だからこそ毎回楽しませてくれる、常に想像の2〜3歩先をゆく造り手。

<ワイン、ハードリカーのまとめ買い割引がございます>

1)6本以上12本まで本体価格の合計金額から5%OFF

2)12本以上のご購入で本体価格の合計金額から10%OFF!!

*異なるワイン、ハードリカーの組み合わせ、同じもののまとめ買い、どちらでも割引対象です。

*システム上、ご注文時には割引金額は反映されませんが、受注後、割引した金額を改めてご案内いたします。

<配送について>
1)気温が平均して25度を超えてくる時期は佐川急便クール便でお届けしています。常温便を選択されていても、当方で判断してクール便に変更する場合がございます。そのときはお支払い案内メールにその旨を記載してお知らせします。

2)他の商品とも混載していただけます。ワインだけでしたら最大12本まで1配送料でお届けできます。
(他の商品との混載の場合は1配送にてお送りできるようにできる限り梱包いたします。1配送で難しい場合はメールにてご案内いたします。)

*未成年者の飲酒は法律で禁止されております。未成年者への酒類の販売は一切いたしません。お客様情報で「生年月日」を確認のうえ、未成年の場合にはご注文をキャンセルさせていただきます。予めご了承下さい。

販売価格
3,080円(税280円)
購入数

この商品を購入した人は、こんな商品も購入しています