LA GUINELLE Vinaigre de Muscat NV 250ml ラ・ギネル ヴィネーグル・ド・ミュスカ

Comment

白ワインヴィネガー 250ml

造り手:ラ・ギネル
産地:フランス、ルーション地方
品種:ミュスカ

南フランス、ルーション地方で「本物のヴィネガー造り」を目指し、挑戦した女性ナタリー エールが天然醸造で作った正真正銘の自然派ワインヴィネガー。
最初は「無謀な挑戦!」と言われましたが、今やフランスをはじめ世界中で賞賛されるようになりました。

ラ・ギネルの白ワインヴィネガーはミュスカというマスカットに似たぶどうから造られたワインを原料としているため、ヴィネガーになっても可愛らしくとても繊細な味わい。
おすすめは蜂蜜をブレンドして使うことと、レモンやカボスなどの酸味のある柑橘をプラスすること。
サラダや魚介類に使うと、素材を引き立ててくれます。

<ラ・ギネル>

本来ワインヴィネガーは、自然に存在する酢酸菌の作用でワインからヴィネガーへと自然と発酵して造り出されるものです。反対の視点に立てば、古来のワイン造りにおいては、ワインをいかにヴィネガーとならないようにするかがワイン生産者たちの永遠のテーマでした。
例えば、ブルゴーニュ地方の都市ディジョンがマスタード(マスタードシードとヴィネガーで造られる)の産地として有名になったのも一大ワイン産地ブルゴーニュで多量のヴィネガーが副産物として生まれていたからだとも言います。
しかし、酸化防止剤となる亜硫酸塩の使用や醸造管理技術が発達した現代においては、ワインが意図せずヴィネガーになってしまうという事態は珍しいものとなりました。そして、ワインヴィネガー生産は、ヴィネガー生産のみを目的とした工業的プロセスにとってかわり、天然醸造と呼べるスタイルのヴィネガー造りは失われてしまいました。(これは日本のお酢造りでも同じことが言えます。)
そのような状況のなかで、一人の自然派ワインファンであったナタリーは「伝統的な本物のワインヴィネガーを造りたい」と考え、バニュルスにほど近い場所で、完全天然醸造によるヴィネガー製造の「ラ・ギネル」をはじめました。
そんな彼女の挑戦を、当初この地域の自然派ワインの造り手たちは、無謀な挑戦であると止めようとしたと言います。しかし、素晴らしいワインの造り手たちに囲まれた環境の中で、自分自身も価値のあるものを手がけ、世に出したいという彼女の強い意思は、止めることはできませんでした。
当然のことながら、ラ・ギネルでは昔ながらの完全な手作業でヴィネガー造りを行っています。それゆえ、まず原材料として欠かせないのが醸造中に酸化防止剤となる亜硫酸を一切使用していないワインです。 ラ・ギネルはバニュルスの地を中心に主に亜硫酸無添加のワインをヴィネガー造りの原酒として買い付け、そのまま古樽に入れて太陽照りつけるバニュルスの気候の中で、自然と酢酸菌が活動してヴィネガーへと発酵していくのを待ちます。
今、この素朴で香り豊かなヴィネガーは、フランス本国の多くの星付きレストランをはじめ、名だたるレストランのシェフがこぞって使用するようになりました。
「原料となるワインが良いものでなければ、本当に素晴らしいヴィネガーには成りえません。上質なヴィネガーだけが持つ、ワインからもたらされる風味と力強さを見出していただけることと思います。かのルイ パスツールは、ワインのみから作られたヴィネガーだけが、本物のワインヴィネガーの名に値すると語っています。ヴィネガーとは、簡単に言ってしまえば家庭のサラダをおいしくするシンプルな調味料です。しかしこの本当の意味を私が造ったラ・ギネルのヴィネガーで皆様に感じていただけるでしょう。」
当主、ナタリー エール女史の言葉です。
販売価格
2,808円(税208円)
購入数