オーガニック大豆(タマホマレ)

Comment

令和元年度産の新豆が入荷します。
広島県東広島市志和町で農薬・化学肥料を使わずに有機栽培されたオーガニック大豆です。
(画像は一昨年のものです。)

品種:タマホマレ
タマホマレは大豆の品種のなかではタンパク質と脂肪分が少なめで、風味・香りがよく甘みが強いのが特徴で、主に味噌作りに使われてきました。

タマホマレで豆乳を作ると脂肪分が少なくあっさりしつつ甘くて美味しい豆乳が作れるそうです。
豆腐を作ると(タンパク質量が少ないので)柔らかい仕上がりになりますが、甘みと風味のある美味しいお豆腐が出来上がります。
しかし一方で、豆腐にしたときに生産効率の良い高タンパク質系大豆(フクユタカや大鶴)に圧されて
近年では栽培量の減っている品種でもあります。

<大豆の紫斑(しはん)病について>
画像でも一部確認できますが、紫色の斑点のようなものができる大豆の病気です。
原因は様々ですが、成熟期を中心に雨の多い年は発生が多く、紫斑粒も多くなるそうです。
令和元年度はこの紫斑病が多く出ました。
種子殺菌を始め、農薬を一切使わずに栽培するオーガニック大豆の場合はこういった病気が発生しやすいこと、どうぞご理解ください。
ただ、食用にも味噌作りにも問題がないので是非ご賞味いただきたいと思います。

<商品発送日について>
1月下旬の入荷予定です。お支払い確認後、入荷次第最短で発送いたします。
販売価格
810円(税60円)
購入数
kg
500g1kg3kg