【予約販売品】フルムーンハーヴェスト限定 月読み自然栽培ホワイトピーチ ハーフサイズBOX

Comment

熊本のにしだ果樹園さんの自然栽培した桃「ホワイトピーチ(品種:はなよめ)」のご予約販売を開始します!

VERT向けとして特別にご用意してくださったのが、今回ご案内する「フルムーンハーヴェスト」。6月20日の上弦の月から28日の満月にかけての月が満ちるタイミングで収穫する果実限定です!

<フルムーンハーヴェストと月読み栽培>
にしだ果樹園さんのオリジナルな取り組みのひとつに“月読み栽培”があります。
地球上の生物は月の引力と重力に影響を受けていることから、月の満ち欠けのリズムを栽培に取り入れています。
例えば、新月に向かうとき、地球の重力は強くなっていきますが、ここで草刈りを行います。こうすると草刈り後に上に向かって伸びようとする雑草の力を抑えることができます。逆に、上限の月から満月に向けては月の引力が強くなり、植物はその上に向かう力を使って地中から水分やミネラルを吸い上げ、芳醇な果実を実らせます。こうすることで動物たちに果実を食べてもらい種を運んでもらうのです。

今回ご紹介するフルムーンハーヴェスト・ホワイトピーチは、まさに植物にとって“一番効果的な収穫のタイミング”に合わせた芳醇な果実だけをお届けいたします。

<自然との共生栽培>
桃はそもそも病害に弱いため、農薬を使わずに栽培された桃というのはとても珍しく貴重です。
にしだ果樹園さんではこの「はなよめ」を2007年に苗木から自然栽培することで木自体を強く育てています。
果樹園内には下草を生やすことで土の保水力を高め、またそこは虫たちの住処にもなります。
この虫たちは害虫なんかではなく、桃の木に悪さをする虫を適度に捕食して守ってくれていて、果樹園の「従業員」として西田さんはとても大切に扱っています。
また、剪定した桃の葉や枝、下草などを園内に埋めると微生物の力で分解されゆっくりと土に還り、これが豊かな土作りへと繋がっていきます。

農薬や除草剤、化学肥料を使わずに、自然の力をうまく利用することで、人も虫も植物も共存共生する豊かな果樹園ができあがっているのです。

品種は「はなよめ」で、この時期だけの早生種の桃です。
実はこの品種選定にも意味があり、虫がまだ少ないこの時期に実る桃だからこそ、自然栽培できるのだと西田さんは言います。

ふっくらした小ぶりの白桃に赤みがさした様子が、“花嫁さん”を想わせる可憐さ。
ジューシーでデリケートな果肉、爽やかな甘みが特徴です。

にしだ果樹園さん渾身の自然栽培11年目となるこのホワイトピーチ、是非ご賞味ください!
(数量限定品となります。お早めにご注文くださいね。)


<にしだ果樹園さんの月読み自然栽培ホワイトピーチ “フルムーンハーヴェスト” >
熊本県玉名郡産
農薬、化学肥料不使用 
月の満ち欠けのリズムを取り入れた独自の月読み自然栽培

ハーフサイズBOX
5から6玉(約800g)*サイズ混合

<配送料>
桃はデリケートなため、にしだ果樹園さんから直送とさせていただきます。
つきましては、配送料は以下の価格になり、オンラインショップのシステム上、通常通りの配送料が適用されますが
後ほど当店で配送料を変更して、正しいご請求金額をご案内させていただきます。


九州エリア 800円
中四国エリア 900円
近畿エリア 1,000円
中京エリア 1,200円
北信越エリア 1,400円
関東エリア 1,400円
東北エリア 1,600円
北海道、沖縄エリア 1.800円

*税別
*佐川急便クール便使用

<ご予約期間>
2018年6月7日(木)から6月17日(日)まで

<お届けについて>
6月20日上弦の月の頃から、6月28日満月の頃までの期間、梅雨の合間をぬって収穫した果実をその日に出荷します。
お届け日時は選べませんのでご了承ください。

*ご留意ください*
月の影響は徐々に表れて、そして薄れていくものです。このため厳密な日程を設定しての収穫にはしておりません。ご了承ください。


<にしだ果樹園>
熊本県玉名郡玉東町
農薬、化学肥料不使用、自然栽培
月の満ち欠けのリズムに合わせて剪定や収穫を行い、農園を取り巻く植物(下草)や生物(虫など)と共生し高め合う農業を目指す。
新月収穫のものは内にパワーを秘め、凝縮した味わい。
満月収穫のものは実に養分が集まり、芳醇な果実。

キウイ果樹園訪問のブログはこちら→ Click!
購入数
Soldout