原農場さんの玄米粉(ヒノヒカリ)500g

Comment

原農場さんで無農薬・無化学肥料で栽培したヒノヒカリを、胴搗き粉砕(石臼の原理で行うもの)で粉にしたものです。微細粉ですので、米粉と同様にお使いいただけます。
玄米粉は無農薬の玄米を皮ごと丸ごと製粉したもので、ミネラルや食物繊維など、豊富な栄養分が手軽に摂取できるのも嬉しいところです。

最近ではポピュラーになりつつある米粉、みなさんはどうやって使いますか?
私は、食べたいときにパンやスイーツを美味しく食べるために、日頃からなるべく小麦粉をとらないようにしているので、自宅では何にでも小麦粉の代わりに米粉や玄米粉を使っています。
天ぷらや揚げ物の衣に使うとカラッとあがって冷めてもサクサクですし、素材の下ごしらえにふる粉も米粉で代用できます。
おすすめは、ベシャメルソース(ホワイトソース)作り。
フライパンにミルクを入れて温まってきたら、米粉を入れて素早くかき混ぜるととろみがついてきます。
米粉はグルテンがないので、小麦粉で作るベシャメルのように、混ぜるときに気を使わなくて大丈夫です。
しばらく混ぜたら、味付けと風味づけに塩&ナツメグパウダー、お好みでホワイトペッパーを入れて出来上がり!
これを使ってグラタンにしたり、クリームシチュウにしたり。
めちゃくちゃ簡単ですが、さらっとして胃にもたれず美味しいですよ。
よりしっかり味にしたい場合は、フライパンでバター(もちろん本物のミルクで作った良質なバターを!)を溶かしてからミルクを入れて作るとコクがでます。

米粉初心者は、まずは、小麦粉を使うところを半分くらい米粉にしてミックスして使うと使いやすいと思います。

生産地:熊本県菊池市七城町
内容量:500g
賞味期限:2019年10月31日

<原農場さん>
原農場さんは、たくさんの湧水に恵まれた日本有数の米どころである熊本県菊池市七城町で原誠一さんとご家族で営む農場です。
栽培するのは米、麦、大豆、雑穀で、それを使って、農場内にある加工場で様々な加工品を手作りされています。
原さんは、農家の長男として育ち、何の疑問もなく親の跡を継ぐかたちで慣行農法で農業を始めましたが、子どもが生まれたことをきっかけに「安心安全なものを食べさせたい」という想いが強くなり、農薬・化学肥料の使用をやめて有機農法に転向しました。
当初は慣行農法が普通に行われるなかで理解されずにご苦労されたと思いますが、今では息子さん一家も入り、安心安全なお米や大豆、小麦粉を地元の方を中心に販売されています。
販売価格
702円(税52円)
購入数