Clément Baraut GAG(2017) クレモン・バロー ギャグ

Comment

赤・辛口・やや軽め
750ml

造り手:クレモン・バロー
産地:フランス、ロワール地方アンジュ地区
品種:グロロー、ピノ・ドニス、ガメイ(樹齢50年)

品種の頭文字(Grolleau、Aunis、Gamay)をキュヴェ名にした新しいワインです。
3品種をアッサンブラージュしてから7日間醸し、古樽で10ヶ月発酵・熟成してSO2無添加で瓶詰めしました。
一見するとザクっとしたカジュアルなスタイルなんですが、味わいの奥に1本の芯のようなものを感じます。
不思議と飲み飽きない素敵な赤ワインで、この価格としてはポテンシャルはかなり高めではないでしょうか。
20年以上ワインと関わる仕事に就き、50歳を機にワイナリーを立ち上げたというクレモン・バローだからこその1本だと感じます。
ちなみにこのワイン、GAGと書いたシールがエチケットに下に追加で貼られており、コルクも手書きで2017と訂正されていて、手作り感たっぷりです(笑)。
中身で勝負だと言わんばかり。嫌いじゃありません。この感じ。

<クレモン・バロー>
Savennieresサヴニエールと言えば真っ先に思い浮かべるのがあのニコラ・ジョリー。ビオディナミのパイオニア的な存在の第一人者。その直ぐ傍のAnjouアンジュで2013年から始めた同じビオディナミ実践者です。
Clément Barautクレモン・バローは1961年4月28日パリで生まれ、ブルゴーニュで育ち、ワインは小さな時から身近にありました。ボルドー大学でエノローグを学び、作る方でなくコンサルタントとして様々なワイナリーで教える方として携わってきました。1989年からロワールで20年以上、エノロジストとして働いておりました。甘口ワインは発酵や瓶詰めが大変なので、彼のような仕事がとても重宝されます。しかし、人にワインを教えるだけでは物足り
なくなり、2010年、子供達が大きくなりもう1度自分の人生を見つめなおしたくなり、夢を叶えようと50歳を転機に自分のワイナリーを始めました。選んだ地は何とロワール、ニコラ・ジョリーやマーク・アンジェリーとの交友があり、ニコラが自分の畑を縮小しようと手放す畑とご縁があったのがきっかけです。それと彼は甘口ワインの難しさを良く知り尽くしているので、その甘いワインをどれだけナチュラルに作る事が出来るのか?に興味を持ったようです。最初はシュナンブランだけを2haでスタート、2013年からグロローの黒葡萄も見つかり、今では3.5haになりました。
こんなに日本に入荷するのが遅れたのは、彼は元々ワイン業界で有名でしたから、最初のヴィンテージはフランス国内だけで売り切れ、そしてそれを聞きつけたベルギー、アメリカ、カナダ、オーストラリア、スウェーデン等々色んな国に輸出が始まりました。しかし需要には追い付いていないのが現状です。
人生をかけて醸造家に転向デビューしたクレモン・バローのワイン、日本へ初上陸是非お楽しみ下さいませ。 
(輸入元資料より抜粋)  

<ワイン、ハードリカーのまとめ買い割引がございます>
ワイン&シードル&ハードリカーのまとめ買い割引がございます。

1)6本以上12本まで本体価格の合計金額から5%OFF

2)12本以上のご購入で本体価格の合計金額から10%OFF!!

*異なるワイン、ハードリカーの組み合わせ、同じもののまとめ買い、どちらでも割引対象です。

*システム上、ご注文時には割引金額は反映されませんが、受注後、割引した金額を改めてご案内いたします。

<配送について>
1)気温が平均して20度を超えてくる時期は佐川急便クール便でお届けしています。常温便を選択されていても、当方で判断してクール便に変更する場合がございます。そのときはお支払い案内メールにその旨を記載してお知らせします。

2)他の商品とも混載していただけます。ワインだけでしたら最大12本まで1配送料でお届けできます。
(他の商品との混載の場合は1配送にてお送りできるようにできる限り梱包いたします。1配送で難しい場合はメールにてご案内いたします。)

*未成年者の飲酒は法律で禁止されております。未成年者への酒類の販売は一切いたしません。お客様情報で「生年月日」を確認のうえ、未成年の場合にはご注文をキャンセルさせていただきます。予めご了承下さい。

販売価格
3,132円(税232円)
購入数