Bonajuto Cioccolato Fruttosio ボナイユート モディカ・チョコレート"フルーツシュガー"

Comment

生産地:イタリア、シチリア州モディカ
内容量:50g
賞味期限:2020年11月30日
保存方法:湿気の少ない冷暗所(14度から16度)にて保存
原材料:カカオマス(65%)、果糖

*グルテンフリー

********

人気のモディカ・チョコレートの新しい生産者が加わりました!

Antica Dolceria Bonajuto(アンティカ・ドルチェリア・ボナイユート)は、1880年にフランテェスコ・ボナイユートによって創業された老舗のドルチェリア。”チョコレートの町”とも形容されるモディカには35以上ものチョコレートショップがありますが、その中でもボナイユートは一番の老舗として地元の人々に愛され続けています。

そんなボナイユートのチョコレートのなかで、私を惹きつけたのは次の4種類です。

・Cioccolato Bianco Est(ホワイトチョコレート"イースト")
マスコバド糖(黒糖)を使ったホワイトチョコレート

・Cioccolato Bianco Sud(ホワイトチョコレート"スッド")
パネラシュガー(赤糖)を使ったホワイトチョコレート

・Cioccolato Fruttosio(モディカ・チョコレート"フルーツシュガー")
フルーツシュガー(果糖)を使ったモディカ・チョコレート

・Cioccolato Al Latte D'Asina(モディカ・チョコレート"ロバミルク")
ロバのミルク入りモディカ・チョコレート

こちらのフルーツシュガーは、リンゴや洋梨などの果物から由来する「果糖」を甘みに使ったチョコレートです。白砂糖を控えている方にも食べて欲しいという想いから作られたそうです。
果糖は砂糖(特に白砂糖)に比べると優しく軽い甘さが特徴で、食べてみるとその軽やかさにびっくりされるかもしれません。
デリケートな甘さがモディカ・チョコレートのカカオの風味を邪魔せず、よりダイレクトに感じさせてくれます。

<モディカ・チョコレートとは>
16世紀の大航海時代に、当時アステカとシチリアを統治していたスペイン人が、モディカに初めて持ち込んだとされる古代アステカの製法で作られたのがモディカ・チョコレート。
ベースとなるのは、カカオ、砂糖のみで、それらを時間をかけて混ぜ合わせるのみというシンプルさ。乳化剤となるレシチンやカカオバターは使わないため、溶け残った砂糖のシャリシャリとした食感、ダイレクトに味わうカカオの風味が特徴です。各種の柑橘やスパイスなどで風味づけしたものもあります。

*チョコレートまとめ買いセール*
チョコレートを

5個以上のお買い上げで5%OFF!

10個以上で10%OFF!


組み合わせは自由です。
食べ比べセットも対象ですが「1セット= 1個」としてカウントします。
システム上、決済画面では計算されませんが、当店で金額を訂正してご請求させていただきます。
お手数ですが、ご注文の際、備考欄に「まとめ買いセール」とお書き添えください。
チョコレート商品一覧はこちら→Click!!
販売価格
864円(税64円)
購入数