De Fermo Spaghetti デ・フェルモ スパゲッティ(500g)

Comment

生産者:デ・フェルモ
生産地:イタリア、アブルッツォ州
原材料:古代小麦セナトーレ・ディ・カッペッリの小麦粉と全粒粉
内容量:500g
賞味期限:2021年6月7日

ビオディナミ農法を行う自社畑で栽培した古代小麦セナトーレ・ディ・カッペッリの小麦粉と全粒粉を、キャンティの伝統的製法を続けるパスタ工房「ファッブリ」に製造を依頼して作ったデ・フェルモのオリジナルパスタです。

「ファッブリ」は1893年創業の4代続く家族経営の、知る人ぞ知るパスタ工房。
スパゲッティの品質はその材料である小麦粉、練る時に用いる水、成型する時の型(ダイス)の材質、そして乾燥方法に左右されます。
ファブリではブロンズとテフロンの2種類のダイスで製造していますが、どちらも38度以下の低温で乾燥されており、これはとても珍しいことです。
このデ・フェルモのパスタにはブロンズかテフロンか記載がないのですが、食感から判断すると恐らくブロンズだと思います。(間違っていたらすみません。)

茹で時間は18分と長めに必要ですが、もちもち食感と小麦の味がしっかりしていて食べ応えがあります!
古代小麦を使ったパスタにありがちなボソボソ感がなく、デュラム・セモリナを使ったオーソドックスなパスタのように食べられるのも嬉しい点です。

*ICEA(イチェア:オーガニック農産物と食品の検査・認証の専門機関)認証取得
*EUオーガニック認証取得

<De Fermo(デ フェルモ)>
ボローニャ出身のステーファノ・パペッティは、幼少期から歴史、食べ物、ワインに興味を持ち、18歳で運転免許を取るやいなやピエモンテやトスカーナのセラー巡りを始め、ソムリエのコースにも通い始める。法学を学んでいた大学時代にアブルッツォ出身の奥様と知り合い結婚。弁護士として働いていたある日、大規模な農場を営む彼女の実家のブドウ畑を見て感銘を受け、毎週末畑に通い始める。2008年に畑の一部(1ha)を借りて自らブドウ栽培を開始。2010年春に5トンのモンテプルチャーノを醸すことからワイナリーとしての活動を開始、2011年にはシャルドネ、2012年からプレスしたモンテプルチャーノのモストからチェラズオーロ、2013年からペコリーノの醸造も始め、農場全体の管理を任されることに。農場の総面積は170ha(!!)、うちブドウ畑が17ha、オリーヴ畑が20ha、野菜、穀類、豆類や牧草、緑肥などが植わる輪作地が80ha。全ての畑でビオディナミを実践。ブドウに関しては、その年の最良の区画のものだけを自ら醸し、残りは全て売却。醸造方法は極めてシンプルで、白とロゼ(チェラズオーロ)に関しては、収穫後、房ごとバスケットプレスで圧搾、モストを樽ないしセメントタンクで醗酵させ、木樽で熟成。コンクレーテは、4-5日間の全房醗酵を施した、果実味豊かなモンテプルチャーノ。プロローゴは、セメントタンクで醗酵させたモンテプルチャーノをアルコール醗酵完了後にもセメントタンク内をワインで満たすことをせずに、液面が空気に触れた状態で乳酸発酵が終わるまで放置(その間2-3か月)、その後大樽で15-18ヶ月の熟成の後のボトリング。ノンフィルター、酸化防止剤は澱引きのための樽の移し替えの時ないしボトリング時に最小限度の量を使用するのみ。
定価 1,404円(税104円)
販売価格
1,334円(税99円)
購入数