【2020年度産】エコファーム彩さんのオーガニック米「香り米(十和錦)」「あけぼの」

Comment

*2020度産新米です。12月中旬以降、入荷次第の発送になります。

産地:岡山県和気郡和気町
生産者:エコファーム彩(さい)
生産年:2020年度産
品種:香り米(十和錦)、あけぼの/曙
<注意事項>
十和錦は産地品種銘柄に登録されていないため、米袋への表記は「未検査米」「国内産」、収穫年の記載はできませんが、上記内容に間違いございません。安心してお買い求めください。

農薬・除草剤不使用、無施肥の天日干し
品種は2種類で「香り米」「あけぼの」です。


●香り米
香り米といえば、ジャスミン米でご存知の方も多いかもしれませんが、実は日本でも古くから栽培されていました。江戸時代初期の日本最古の農書「清良記」に記述があり、少なくとも17世紀には既に栽培されており、また別の書物には「古代から神事に用いられていた」という記述もあります。
かつて、香り米は病害や環境の変化に強く、棚田などの難しい場所にも適応するために日本全国で広く栽培されており、北海道開拓の際にその頑丈さから推奨されたほどです。しかしながら、収穫量の多い普通米推奨、品種の統一化の流れのなかで淘汰されてしまいました。その後は西日本では高知県、和歌山県、宮崎県など、東日本では宮城県・山形県などの限られた地域で一部の農家さんによって細々と栽培されてきました。

エコファーム彩さんが栽培する香り米は「十和錦(とわにしき)」という品種です。
十和錦は、高知県、四万十川中流域にある十和村にお住まいの上山岩雄さんが、昭和30年代前半に当時栽培していた黄金錦のなかで背が10cmほど高く稲穂が沢山ついている株を見つけて、種籾として残したものを翌年から栽培したのが始まりです。
翌年に栽培してやっと食べることができたお米は、上山さん曰く
「餅米のように粘りがあって、麦と混ぜても香りが良うて、まっこと(本当に)美味しく、朝、米が炊き上がったときには何とも言えん幸せな気分になりました」
上山さんのお姉様が家を訪れた際「この良い香りはなに?」と聞かれたので、それまでの経緯を話すと「こんなに美味いものは世に広めないといけない」ということになり、紆余曲折を経て地域に定着し、栽培されるようになりました。「十和錦(とわにしき)」という名前は、当時、合併することになった十川村と昭和村から1文字ずつをとって、上山さんが名付けたそうです。

「香り米」でも色々な品種があり、なかには香りが強いために単体で炊くには適さないものもありますが、「十和錦(とわにしき)」は、これだけで炊いても程よい粘りと香りでとても美味しく、冷めても風味豊かですのでお弁当やおにぎりにもおすすめです。(感じ方には個人差がありますので、香りが強いと感じる場合は調整してくださいね。)

香り米は「ポップコーンのような、ナッツのような香り」とよく表現されますが、それだけじゃない、何とも表現できない、食欲を唆る香ばしい香りと味わいがあります。
今回販売するに当たって色々と調べていて、面白かったのが
「美味しいので自家用として育てて食べていて、人にあげてもとても美味しいと喜ばれるし、一度食べるとまた食べたくなるのが香り米」という記述がチラホラ見られたこと。
そうそう、そうなんです(笑)!
エコファーム彩さんも同じように、香り米が好きだから、人から種籾を譲ってもらい栽培し続けてきたとのことですし、私がエコファーム彩さんの香り米と出会って、是非販売したいと思ったのも、一度食べるとその美味しさに目からウロコ!そして、香り米が無いとなんだか物足りなくなってしまうほど…この美味しさをもっとたくさんの人に食べてもらいたい!と思ったからなんです。
ひょっとすると、DNAレベルで日本人にとって懐かしく、たまらない美味しさなのかもしれません。
そして、この香りと味のおかげで、完全には種が途絶えずに今まで続いてきたのだと思うと少し感慨深いものがあります。

*香り米は精米すると香りが弱くなるので、白米よりも7分づきくらいがおすすめです。

●あけぼの
明治から昭和にかけて、美味しいお米といえば「西は旭、東は亀の尾」、今、流通する人気のお米のほとんどはこの2つの系統から作られたものです。(香り米と同じで、明治中期以降の品種統一化、戦後の大量生産に適した品種推奨でこの2品種ともほぼ淘汰されてしまいます。)
この「旭」を親にして岡山で作られたのが「朝日」で、農林12号を掛け合わせて生まれたのが「あけぼの」になります。
1953年(昭和28年)誕生の古い品種の一つで、今では「朝日」と並んで岡山県を代表する品種となっています。ちなみに「農林12号」は片方の親に「神力」をもち、「神力」もまた、一時期は西日本を席巻した名品種です。

「あけぼの」は、晩生で肥料がない方が倒れにくいなど、自然栽培に適した特性があります。
大粒で歯ごたえがあり、粘り、コシ、硬さ、それぞれのバランスが良いのが特徴。
どんぶり用のご飯、酢飯にも良いとされています。
こちらも香り米と同様に、農薬、除草剤を使わず、無施肥で手間ひま惜しまずに育てられ、天日干ししたオーガニックの新米です。

エコファーム彩さんは、この「あけぼの」をつかって昔ながらの製法で純米酢を作っています→彩の酢(さいのす)

エコファーム彩さんの商品はこちら→Click!!

<配送方法>
冬季は常温便、春から秋にかけてはクール便(目安として最高気温20度を超える時期)
販売価格
3,618円(税268円)
購入数
 香り米(十和錦)3kg香り米(十和錦)5kg香り米(十和錦)10kgあけぼの 3kgあけぼの 5kgあけぼの 10kg
白米
七分つき米
玄米

この商品を購入した人は、こんな商品も購入しています