Paolo Bea Extra Virgin Olive Oil 2019 パオロ・ベア EXVオリーブオイル

Comment

品名:食用オリーブオイル
原材料:オリーブ(イタリア、ウンブリア州産)
品種:モライオーロ、フラントイオ
内容量:500ml
賞味期限:2022年2月10日
保存方法:直射日光と多湿を避けて冷暗所で保存
希望小売価格:4,200円(税別)

イタリア、ウンブリア州のワイナリー、パオロ・ベアからとっておきの食材が色々と入荷しました!
こちらのページでご紹介するのは、エキストラヴァージン・オリーブオイルです。

イタリアで唯一、海にも国境にも面していないウンブリア州は、その大半が標高の高い丘陵地で日差しが強く、昼夜の寒暖差が激しく、石灰質土壌が多いのが特徴です。
また、イタリアで4番目に大きい湖トラジメーノ湖、渓谷や大小の河川があり、内陸地ではありますが水源にも恵まれています。こういった自然条件下では、しっかりと凝縮した味の作物が育ちます。

こちらのオリーブオイルはコールドプレス製法による一番搾りのオイルのみを瓶詰めしています。
完熟を待って、10月から11月にかけて収穫し、すぐに圧搾します。
2019年度産は630本のみの瓶詰めで、1本ずつボトリングナンバーがラベルに記載されています。

ポリフェノール含有量が多く、辛味がしっかりしたモライオーロ種と、小粒だけど良質のオイルが摂れるフラントイオ種のブレンド。
青い果実は収穫せず、完熟を待ってから収穫しますので、トスカーナ等のオリーブオイルのように青っぽさや、鋭い辛味はなく、とてもマイルドでバランスのとれた風味が特徴。
お料理の仕上げに使ってインパクトをもたせる用途ではなく、素材に馴染ませることで、お料理にコクと味の奥行きを与えるオリーブオイルです。

<パオロ・ベア>
1500年代から、モンテファルコに住んでいることが古文書の記録から確認されているベア家の現当主ジャンピエロ氏が始めたワイナリー。
単位面積あたりの収量を抑え厳選されたブドウからのみ醸造を行うため、年によって生産量は大きく異なる。土壌やブドウなどの可能性を信じバイオダイナミクスを実践している。ワインはサグランティーノというブドウの特性が濃く反映された、凝縮性の高いものとなっている。フィルタリングがワインの風味やエキスを減少させると考える彼は、それを全く行わない。
(輸入元資料より抜粋)

●パオロ・ベアのワイン&食品はこちら→Click!!

<配送方法>
常温便
真夏(気温が30度を超える湿気の多い時期)はクール便
*レターパック不可
定価 4,536円(税336円)
販売価格
3,629円(税269円)
購入数