Hervé Mons「Brillat Savarin Affine(ブリヤ・サヴァラン・アフィネ)」

Comment

品名:白カビチーズ
産地:フランス、ブルゴーニュ地方
原材料:牛乳(加熱)、レンネット
容量:約560g /個 (直径約12cm 高さ約5cm)*個体差あり
賞味期限:当店入荷日から約2週間(次回入荷日:6月11日)

上質なミルクの美味しさを堪能!モンスのブリヤ・サヴァラン、アフィネ(熟成タイプ)

1930年代に発明された、ミルクにクリームを添加する「トリプルクリーム」という製法で作られた白カビチーズ。フランスの有名な美食家ブリヤ・サヴァランにちなんで名付けられました。

トリプルクリーム製法により、非常にクリーミーでリッチ、なめらかな質感。
アフィネとは「熟成した」の意味で、モンス社の熟成によって、クロテッドクリームのような濃厚なコクと、それを引き立てるわずかな酸味、デリケートな白カビの風味が調和しています。

乳脂肪分72%以上のリッチなタイプですが、モンス社では上質なミルクを使用しているため、くどさはなく、後味に軽やかさがあります。

甘くないチーズケーキのようなチーズですので、カットしてそのまま美味しくお召し上がりいただけます。
ライ麦を使った素朴な田舎風のパン、ドライフルーツやナッツとも相性抜群です。
シャンパーニュやスパークリングワインとよく合い、軽めの赤ワイン、樽香の強くないすっきりした味わいの白ワインも○


<お支払い方法>
スクエアによるクレジットカード払いのみ

<発送について>
6月11日(金)より当店(兵庫県西宮市)より発送開始します。
生鮮品につき、最終6月20日(日)までにお受け取りをお願いします。

<配送方法>
クール便

<Hervé Mons(エルべ・モンス)>
フランス南部、美食の都として有名なリヨンから、さらに電車で1時間半ほどの場所にある小さな町ロアンヌ。
そこで1964年に、エルベのご両親がチーズショップを始めたことからモンス家のストーリーは始まります。
オーヴェルニュ出身の彼らが地元から取り寄せて販売したチーズは、その美味しさでたちまち地元で人気を博しました。
長男のエルベ氏は、1983年にパリの有名チーズショップで経験を積んだ後、地元へ戻りロアンヌ・シティ・センターにチーズ販売所を設けました。同時に近隣のチーズショップの立ち上げにも尽力し、Saint-Haon-le-Châtelにチーズ用の地下熟成セラーを創ります。
90年代にはモンス家のチーズ(エルベ氏がセレクトして熟成するチーズ)の品質の高さは定評を得て、また、弟であるローラン氏も加わることでお店の運営も安定したおかげで、フランスのみならずヨーロッパ全土、アメリカ、日本など世界20カ国に輸出できるようになりました。

2000年、フランスの国家最優秀職人賞『MOF』にエルベ・モンス氏が選ばれます。今では数が増えましたが、エルべ氏はチーズ職人として最初にMOFに選ばれた、たった4人のうちの1人なのです。

2004年にはチーズの管理や熟成などの指導と人材育成に興味をもったローラン氏がトレーニングセンターを設立しました。
2005年には、12カ国が参加してチーズ作りを競う大会“International Caseus Award” を主催し、またアメリカ、バーモント州ではチーズ熟成方法や専門店の監修を行いました。
一方でロンドンに進出し、若手チーズ熟成士の育成のためトレーニングセンターを創り、MONS UKを立ち上げています。

今でも、エルベ氏は、国内に残されている卓抜した職人技をもったチーズ職人や優れた農家を探してフランス中を旅します。
与えている牧草や製造法についても生産者と直接会って忌憚なく話し合うことによって、信頼関係を築きあげ、取り扱うチーズの品質は高まっていきます。
そこで持ち帰った大切なチーズたちを自身のセラーで納得するまで熟成させてから出荷するのです。
これこそが「モンス」のチーズが世界中から賞賛され信頼されるブランドたる所以です。

2008年にはJean-Luc Genin (Vichy Creamery)から酪農場を譲り受けることになり、モンス・オリジナルのチーズ作りにも挑戦しています。
2009年、古い鉄道の跡地を利用したチーズ熟成セラーを新設し “La Compagnie d’Affinage des Caves de la Collonge”という新事業をスタートしました。
現在、地下セラーでは28人の従業員が約190種類のチーズを管理しており、高品質なチーズを安定供給できるようになっています。
販売価格
1,430円(税106円)
購入数
4分の1カットハーフカットホール
2,730円(税202円)
在庫なし
5,301円(税393円)
在庫なし