Verdieri Ven Crud ヴェルディエリ ヴェンクルー(2017)

Comment

造り手:ヴェルディエーリ・コルテパッリアーレ 
産地:イタリア、ロンバルディア州
品種:ランブルスコ・ソルバーラ(樹齢30年超え)

ロゼ(薄い赤のような色合いです)/辛口/微発泡性
750ml

色素の薄いソルバーラで造るロゼのフリッツァンテ(微発泡性ワイン)。
酵母も糖分の途中添加を一切せずに瓶内で発酵を終える古典的な手法で造られる微発泡性のワインです。
2017年は猛暑の影響で葡萄の糖度が上がり、発酵がなかなか終わらなかったためリリースが遅れました。
出来上がったワインは、暑い年にありがちな残糖分はなく、キレがあって飲みごたえある味わいに。
心地良い酸が食欲を刺激して食事を美味しくしてくれる、まさに食中酒としておすすめの1本です!

<ヴェルディエリ>
「Lambrusco Mantovano(マントヴァのランブルスコ)」
古くから誇りをもって造り続けられてきた、この土地のワイン。
私たちが今、市場で目にするランブルスコのほとんどが、加圧式タンクで造られるのですが、この造り手が行うのは伝統的な方法。

収穫した葡萄を圧搾してタンクに入れて、そのまま天然酵母によって自然に発酵がスタート。そのまま発酵は進むが、冬が来ると気温が一気に下がるこの地域では気温が低すぎて発酵が途中で自然にストップします。なかにはまだ残糖が残っている状態で、澱引きを行って濾過はなしで瓶詰め。春が来ると気温が上昇して、瓶内で発酵が再びスタートします。この発酵によって発生した二酸化炭素がワインに溶け込み、スパークリング・ワインになります。発泡の強さは、最初の発酵で残った糖の量で決まります(厳密にはそれだけでは無いと思いますが)。残糖が多いと発泡が強めに、残糖が少ないと泡は弱めに・・・といった具合で、それに加えて元となるワインの味わいも違うので、毎年毎年、ひとつとして同じものはありません。味わいも泡の強さも全く違うワインが出来上がるのです。

(こういったワインは一般流通に向かないので、伝統製法よりも加圧式タンクで造るランブルスコの方が今や主流になっています。)

こちらはその伝統的なランブルスコの造り方ですが、黒葡萄(ランブルスコ・ソルバーラ種)の果汁だけで醸造するロザート(ロゼだけど、色の薄めの赤のような感じ)です。
しっかりと溶け込んだ繊細な泡が爽快で心地よく、じわぁ〜と口に広がる葡萄本来の風味。
甘くなく、一口飲むとお腹が空いてくるような酸味と果実味のバランス。 飾りっ気はないけど、ずっと飲んでいたくなる、そんなワインです。

写真は造り手のミンマ・ヴィニョーリ。

「自らが作る、そして口にするものに、どうしてそんな毒(農薬)を使う必要があるの?」
20haに及ぶ広大な農場全てで、完全無農薬、無施肥栽培を徹底する。
牧草、小麦、とうもろこし、自分達の食べる野菜ももちろん栽培。うち、葡萄畑は3haで、伝統品種であるランブルスコ・ヴィアダネーゼを中心に、ランブルスコ・ソルバーラ、ランブルスコ・サラミーノ、アンチェロッタを栽培しています。

*気温が平均して20度を超えてくる時期は佐川急便クール便でお届けしています。常温便を選択されていても、当方で判断してクール便に変更する場合がございます。そのときはお支払い案内メールにその旨を記載してお知らせします。

*他の商品とも混載していただけます。ワインだけでしたら最大12本まで1配送料でお届けできます。
(他の商品との混載の場合は1配送にてお送りできるようにできる限り梱包いたします。1配送で難しい場合はメールにてご案内いたします。)

*未成年者の飲酒は法律で禁止されております。未成年者への酒類の販売は一切いたしません。お客様情報で「生年月日」を確認のうえ、未成年の場合にはご注文をキャンセルさせていただきます。予めご了承下さい。
販売価格
2,376円(税176円)
購入数