【新ヴィンテージ入荷】Pacina Olio Extra Vergine d’Oliva 2021 パーチナ オーリオ エクストラ ヴェルジネ ドリーヴァ(500ml)

Comment

造り手:パーチナ
産地:イタリア、トスカーナ州
品種:フラントイオ、レッチーノ、モライオーロ
収穫年:2020年
賞味期限:2023年8月15日
内容量:500ml
希望小売価格:3,600円(税別)

*2021年ヴィンテージが入荷しました!
ファンが多いパーチナのEXVオリーブオイル、厳しい気象条件となった2021年は収量が激減しましたが、その分残ったオリーブは凝縮した味わいになりました。
イタリア全土でオリーブが大不作の2021年は、どの造り手も生産量がとても少ないのでお気に入りのオイルは多めに確保するのをおすすめします!(2022年8月4日記)

====

*完売の場合でも、輸入元様に在庫があればお取り寄せします。お問い合わせからご連絡ください。

トスカーナのオイル特有の青みや辛みがありますが、刺々しさがなくて上品でとてもまろやか。
もちろん彼らの造る葡萄やワインと同じで一切の薬剤を使わない安心できるオーガニックのオイルです。
コールドプレス、ノンフィルターで濁りがありますが、その分、オリーブそのものの美味しさがしっかりと感じられます。
調理用としてはもちろん、ドレッシング、パンに塗る、また仕上げ用として万能に活躍します。
身体の細胞を作るオイルは、上質で美味しいものを毎日使うのがポイントです。

<パーチナ>
キャンティの南東部にある地区、カステルヌォーヴォ・ベラルデンガで、ステーファノ ボルサとジョヴァンナ ティエッツィ夫妻によって営まれるワイナリー。西暦900年代に修道院として建てられた建物とその当時に開墾されたブドウ畑や畑、森など40ヘクタールの敷地に、17世紀にティエッツィ家が住みつき、現在に至る。ブドウ畑は、キャンティ クラッシコD.O.C.制定の際に申請しなかったため、今なおコッリ セネージの格付け。畑では17世紀に彼らの祖先が行っていたであろう、循環型の有機農業を実践、ボルドー液以外の薬剤は一切使用せず、ヘクタールあたり50ヘクリットルに収量を抑えている。ワイナリーでも野生酵母を使って、セメントのタンクで温度管理することなくマセレーションを行ない、醗酵の後に500-2500リットルの様々な大きさの樽へと移されボトリングまでの期間(約12ヶ月)を一回も樽の移し替えも行なわず、ノンフィルターでボトリング。2酸化硫黄の添加はボトリング前に極少量を使用するのみ。

<配送方法>
常温便
販売価格
3,888円(税288円)
購入数