梶田商店 巽晃(たつみひかり)

Comment

品名:こいくちしょうゆ(本醸造)
原材料:大豆(南予産フクユタカ・遺伝子組み換えでない・農薬&化学肥料不使用)・小麦(南予産ミナミノカオリ・農薬&化学肥料不使用)・食塩(香川県産)
内容量:300ml
賞味期限:2023年10月12日
保存方法:直射日光を避け常温にて保存してください。
※こちらのお醤油は天然醸造、食品添加物不添加のため、開栓後は必ず冷蔵庫で保存してください。

農薬・化学肥料不使用の100%地元南予産の大豆と小麦で仕込んだ巽醤油の新しいお醤油です。
だけどこれは「原材料をオーガニックにしたから」単純に「ほら、すごく美味しいでしょ!?」という話ではありません。

その昔は各地に醤油蔵があり、家でも手造りしていたお醤油。
当時は主にその土地の原料で造られていたことでしょう。
地産地消ということ。
今では少なくなった原料の調達・処理から醸造に至るまでの全行程を自社で賄う醤油蔵である梶田商店さんも、ずっとそうやって地元に支えられてやってきたはずです。
そのことへの感謝の想いが、地元南予産の原材料を、しかもその昔していたように「農薬や化学肥料に頼らない栽培方法」で育てた原材料で、醤油を造りたい!と結晶化したお醤油が、この巽晃なのだと思います。

そして、この厳選した地元産のオーガニック素材を使うのなら
「これまでの巽醤油にはない新しいスタイルに仕上げたい」

伝統を大切にしつつも同じ場所に留まることを良しとせず、常に高みを目指し続ける造り手である梶田さんらしい発想で、この新しい巽醤油「巽晃(たつみひかり)」が生まれました。

通常の濃口よりもクリアでキレのある味わい。濃口と薄口の真ん中からやや濃口より。
そこにシャープさを加えた、ワインでいうと「エレガントな」という表現が合いそうな、とても上品で深い味わいの濃口醤油です。

巽醤油ファンにはもちろん、美味しいお醤油をお探しの方にも是非お試しいただきたい1本です。

<梶田商店>
1874年創業の愛媛・大洲市の老舗醤油蔵。
日本全国に醤油蔵はありますが、原材料の調達と加工、麹作りから、仕込み、熟成、瓶詰めまで一貫して自社で行う蔵は、実は日本でも多くありません。
梶田商店は、数少ない100%自社醸造を行う醤油蔵のひとつです。
13代目の梶田康嗣さんは幼少からアトピー性皮膚炎で悩まされたことから、食べ物の重要性について深く考えるようになり、2002年度に蔵に入り醸造を担うようになってから、少しずつ原材料や醸造工程について改革を進めてきました。結果、出来上がったのが「巽(たつみ)」シリーズです。
その後も「食べること」を真摯な姿勢で見つめながら新商品の開発を続け、新しくも日本の伝統食である醤油の在り方を問うような新商品をリリースしています。

<配送方法>
常温便
販売価格
1,080円(税80円)
購入数

この商品を購入した人は、こんな商品も購入しています