【2021年度産】敬農吉さんの自然栽培 青唐辛子(生 / 500g)

Comment

生産者:敬農吉
産地:熊本県人吉市
品種:鷹の爪
栽培方法:自然栽培(農薬・肥料不使用)
重量:500g
*OKシードマーク(ゲノム編集されたタネ・食品ではない)適用の商品です。(OKシードマークについてはこちら→

今年は大きな災害もなく、順調に育ちました!
梅雨入りが早かったので生育早めです。
収穫したてのフレッシュな青唐辛子をお届けします。
様々なお料理や調味料作りにご活用ください。


昨年は豪雨災害で多くの田畑が流されてしまい、残された畑からの限られた量しかご用意できなかった敬農吉さんの青唐辛子。
それでもみなさんのご協力のもとで販売することができ、被災した敬農吉さんに少しでも貢献できたことが何よりも嬉しかったです。
みなさまのご理解とご協力に、改めて心より感謝いたします。ありがとうございました!

今年は幸いなことに大きな災害がなく、梅雨入りが早かったためにすくすく育ち、例年なら9月以降のところを8月中旬からお届けできることになりました。
敬農吉さんは、豪雨災害によって致命的なダメージを受けた自身の農業と地域の復興のために、新しく農業法人を立ち上げるべく、クラウドファンディングをするなど奮闘中です!
今年も敬農吉さんを応援してくださいます様、当店からもお願いいたします。

敬農吉さんの唐辛子の品種は「鷹の爪」で、日本でも古くから広く栽培されている品種です。
青唐辛子は赤くなる前の唐辛子で、11月初旬くらいまでの限定品となります。(天候・生育状況によっては、それ以前に終了する場合もございます。)

鮮烈な香りとシャープで爽快な辛みが特徴の鷹の爪ですが、敬農吉さんの青唐辛子は、自然栽培のためなのか、辛さのなかに旨味があります。
柚子胡椒作りに使うと美味しいと毎年ご好評いただいております。

長さ3mmから6mmの大きさですが、サイズ選別しませんので大小混じります。
また、生育状況によっては上記サイズではないこともあります。
肥料を使わない自然栽培ではサイズのコントロールができないことを、どうぞ十分ご理解のうえでお買い求めください。

そのままお野菜として使ったり(かなり辛いですが、辛いもの好きには大変好評です!)、調味料や加工品作りにご活用ください。
下記にレシピを掲載していますので、ご参考にどうぞ!

*画像は昨年のもので、また、実際にお届けする量ではございません。
画像3枚目のように、青唐辛子は収穫後にも徐々に熟して一部が色づいてきます。お届けする間にもこの変化は起こりますので、予めご了承ください。

*今後の天候・災害などにより収穫量が減った場合は、ご注文確定後(お支払い後)でもご用意できない可能性がございますことをご了承ください。その場合は全額返金いたします。

<販売スケジュール>
●10月 1回目
ご注文受付:2021年10月1日(金)まで
発送予定日:2021年10月9日(土)から11日(月)

●10月 2回目
ご注文受付:2021年10月15日(金)まで
発送予定日:2021年10月23日(土)から25日(月)

*11月以降の販売については、詳細確定次第、こちらのページに追記いたします。

<必ずお読みください!>
*発送予定日は変更になる場合がございます
発送日の変更によるご注文のキャンセルはできません。スケジュールに余裕をもってご注文ください。

*お届け日の指定ができない商品です。時間指定は承ります。
(システムの都合上、お届け日指定が選択できますが、指定されない様にお願いします。指定されても「無効」とさせていただきます。)

<配送方法>
クール便

青唐辛子を使ったおすすめ料理

1)メネメン(トルコ家庭料理のスクランブルエッグ)
青唐辛子を刻んで、ざく切りにしたフレッシュトマトと一緒にフライパンで炒めて
溶いた卵を入れてスクランブルエッグにする。
フレッシュのトマトがない場合はトマトソースやピューレでも美味しいです。
玉ねぎやパプリカ、ズッキーニ、茄子などなどのお好みのお野菜を加えても美味しい!
辛過ぎる場合は、すだちやかぼすなどの柑橘を絞ると辛みが少しマシになります。

2)青唐辛子と豚ばら肉の炒め(辣椒小炒肉)
豚ばら肉を食べやすい大きさに切って、フライパンでこんがりと炒めて余分な脂を落とします。一旦、皿によけておきます。
豚の脂をキッチンペーパーなどで拭いたフライパンにみじん切りしたにんにく、豆板醤、甜麺醤を加えて弱火で炒めて香りを出します。
香りが出てきたら、豚ばら肉を戻し、酒を入れて強火にしてさっと炒めます。
そこに青唐辛子を入れて、これまたサッと炒めたら出来上がり!

青唐辛子を使った保存食作りレシピ
青唐辛子の酢漬け
青唐辛子をサッと湯にくぐらせたものにお酢を加えるだけ。
タイ風、シンガポール風にするなら、生の青唐辛子を瓶に詰めておき
お酢に塩とお砂糖少しを加えた調味液を一度沸騰させて熱いまま瓶に注ぎ込みフタをしてから(やけどに注意!)
冷めるまで静置しておく。
焼き飯、麺ものに加えると風味抜群です!

青唐辛子味噌
粗みじんにした青唐辛子をゴマ油をひいたフライパンでじっくりと弱火から中火で炒めて水分を飛ばします。
そこにお味噌、酒を加えて焦げないようにゆっくりと合わせていきます。
甘めがお好みなら、みりん&砂糖を加えてもOK!
水分が飛んで、好きな固さになったら完成です。
冷奴に、野菜のディップとして、そのままご飯に!
焼き飯の隠し味として。

青唐辛子の醤油漬け
小口切りにした青唐辛子を醤油で漬け込むだけ。
簡単ですが、辛みが効いた美味しいお醤油になります!
お好みでみりんを足しても。
炒め物に加えたり、冷やっこ、湯豆腐も美味しいです。

*青唐辛子を調理する際は手袋をしてください。調理中はなるべく他のものを触らないようにご注意ください。特に目や鼻などの粘膜には絶対に触らないように十分にお気をつけください。
*調理器具(刻んだ包丁、まな板、ボウルなど)は、調理後によく洗ってください。
*上記の保存食は基本的には冷蔵庫で日持ちしますが、保存状態によりますので使用期限は個人の判断でお願いいたします。

敬農吉さんの商品一覧はこちら→Click!!

<敬農吉>
熊本県人吉市で西弘敬さんが営む農園。
農薬・肥料を使わず、自然栽培で米とお野菜を栽培しています。
「たくさんの方々に安心して、安全な食べ物を食べていただきたいと思い、寒暖差が激しく九州の大自然に囲まれている人吉盆地で日々自然から学びながら栽培しています」
いつも素朴で力強い作物を届けてくださいます。
販売価格
2,100円(税156円)
購入数
発送予定:9月24日から26日(お届け日指定不可)発送予定:10月9日から11日(お届け日指定不可)発送予定:10月23日から25日(お届け日指定不可)
2,100円(税156円)
在庫なし